女の人

ニキビ跡を消すならケアに気を使おう|肌のお手入れが重要

効果的なケアの仕方

肌のお手入れ

種類と原因

ニキビ跡には大きく分けると「赤みタイプ」「色素沈着タイプ」「クレータータイプ」があります。赤みタイプは一番最初にできるニキビ跡です。炎症が鎮まり赤みだけが残ったタイプで、ニキビ跡としては初期症状になります。色素沈着タイプはしみのように茶色くなったニキビ跡です。ニキビ跡で表皮が傷ついたり、そのニキビ跡に紫外線があたってメラニンが形成されることで発症します。しみと同じなので、しみに効果があるメラニンを分解する化粧品でのスキンケアが有効です。真皮が傷いた重度のニキビ跡がクレーターです。表皮は生まれ変わりますが、真皮は再生できないので、解消するには美容皮膚科などで医療レベルのケアをする必要があります。

ビタミンCが有効

どのニキビ跡にも有効なのが「ビタミンC誘導体」を配合した化粧水です。ビタミンC誘導体は肌の奥深くに有効成分が浸透し、赤み、色素沈着、クレーター状になったニキビ跡を解消する働きがあります。ターンオーバーを整える作用があるので肌の再生が早まり、治りが早くなります。また、皮脂分泌を抑える働きもあるので、ニキビ対策にもおすすめです。クレーター跡などは自分で完全に滑らかにするのは難しいですが、ビタミンC誘導体入りの化粧水にはコラーゲンを生み出す働きもあるので、でこぼこが薄くなる場合もあります。また、ビタミンCのサプリメントで内側からビタミンCを補給することも大事です。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、肌に弾力を出してくれます。